院長の「こころのさけび」

伝説が同じ時を生きている

'17年07月15日

テニス

 
どの世界にも、レジェンドになる人がたまにいて
まさにロジャーフェデラーはテニス界におけるレジェンドだ。その人は未だ現役で、テレビのチャンネルをまわすと
いまも普通に、舞うようにプレイしている。だからプレイは圧倒的だけど「レジェンド感」はあまり感じさせない。
それは現役だから。いくら生きる伝説!とか言われても現役だから、現役のスーパースターと思ってしまう。

同じようにジャマイカ出身のシンガーが、民族音楽でチャート上位に入ったときも
ある意味では騒がれるけど、今話題の歌手だと思ってた人は多いはずだ。
しかし没後36年のボブマーリーは、完璧にレジェンドで軽い意味ではなく「レゲエの神様」として存在する。

今年引退された金子一芳先生も私にとってはレジェンドで、お話しを伺っていると
伝説の一部分にいる勘違いさえ起こる。

我々の孫の時代、我々がラコステとかロッドレーバーとかの名前を聞いて連想する以上に
ロジャーフェデラーという伝説のプレーヤーの名前を聞いてワクワクすることだろう。

明日、そのレジェンドがウィンブルドンの舞台で再び輝こうとしている。
F1も明日シルバーストーンで決勝だけれども、あした何の日?だと聞かれれば

本当のレジェンドが、同じ時代で踊る、最高の晴れ舞台の日だ。
さあ、存分に楽しもう。レジェンドのプレイを。

Blog Categories

Latest Posts

秋晴れの小瀬で、勝ったり負けたり。
秋晴れの小瀬で、勝ったり負けたり。 先日、小瀬スポーツ公園にてテニスの試合に... 
なおみがやってくれる
なおみがやってくれる 正直、なおみがここまでとは思っていなかっ... 
いま一番かっこいい
いま一番かっこいい  クロアチア。旧ユーゴ。 「○○びっち」... 
手で考える
手で考える   臨床歯科を語る会が終わって1週間が経ち... 
整合性がとれるという楽しさ
整合性がとれるという楽しさ   一本の映画に素敵な女性が一人いると... 
重なるときは重なるが
重なるときは重なるが  来週末は土曜日が七夕ですね。 ... 
ワールドカップロシア開幕
ワールドカップロシア開幕   とくにサッカーファンでもないので、ブ... 
ボリスの頃とティームの今。
ボリスの頃とティームの今。   あれは1985年の事でした。33年前の昭和6... 
錦織が負けた、その次が注目。
錦織が負けた、その次が注目。   錦織にも勝機がなかった訳ではなかっ... 
天晴れリカルド!!
天晴れリカルド!!   ここ数年のモナコ、いやF1レースの中...