院長の「こころのさけび」

司馬遼太郎「峠」の読後感

 

幕末をテーマにした物語は数々あります。最近は、大河ドラマでも多いですね。

司馬遼太郎だけでも、「竜馬がゆく」をはじめ「花神」「燃えよ剣」「新撰組血風録」などなど。
最近、今までご縁がなかった「峠」という作品を読み終わりました。

この作品は旧長岡藩(現在の新潟県長岡市)の河井継之助を主人公とした作品です。

幕末はものすごくザックリ言うと、時代錯誤な徳川幕府をいかにやっつけるかという時代です。
勧善懲悪で言うと、アタマの古い人間(幕府側)VS開明派(薩長など)の戦い(革命戦争)で、
時代の流れや、情報の伝搬を止められなかったため時代は移ろいだ。近代国家が誕生した。と、そういうことでしょうか。
だからその先駆者である吉田松陰は神なのです。

しかし、人間には個性があります。考え方はもちろんですが、自分をどこに規制して生きるのか。
河井継之助ほどの人間であれば、幕府瓦解後の日本の舵取りを充分に託し得たし
おそらく自分でもそれはわかっていたのでしょう。

しかし彼はそうすることなく、自分をあくまでも「武士」であるとし、「長岡藩家老」であることで
自らの理想を達成しようとした。「武士」の終焉を充分に理解しながらも、軍事上の敵は官軍(薩摩長州連合)だったのです。
彼はもちろん政治家として突出しているし、軍事家としても超一流であった。思想家としても。

でも(だからこそ)最後まで藩主に恩義を感じ、主君を立てることで自分を自ら規制し人生を終えた。

では、長岡藩に固執した継之助はスケールが小さい人間だったのか。
いや、それは違うと思います。

これが天命だと継之助が尽くした生涯の仕事は、スケールを超越している。

倫理観と使命感を、(俯瞰の視点を持ちながら)考え抜いた行動を最後までとった彼の行動は、
カッコイイ大人、そのものだと私は思っています。

継之助、イケてる。

Blog Categories

Latest Posts

ガウフってだれ?
ガウフってだれ?   ヴィーナスウィリアムズを1回戦でたお... 
色々とアップデートされた映画を観た
色々とアップデートされた映画を観た   今までのスパイダーマンにイマイチ入り... 
臨床歯周病学会in札幌
臨床歯周病学会in札幌   当院の歯科衛生士4名とわたしで、札幌... 
桶狭間ではない。
桶狭間ではない。   この大会、このコートで ラファと戦う... 
今年のベスト8(全仏)
今年のベスト8(全仏)   もちろん錦織には勝ってほしかった...。... 
今夜のフレンチは、錦織戦の後がお楽しみ。
今夜のフレンチは、錦織戦の後がお楽しみ。   モナコも終わって、仕事から帰ってく... 
観てしまう。モナコGP
観てしまう。モナコGP   モナコグランプリは特別。とはF1を見始... 
ジョコビッチ考
ジョコビッチ考 ノバク・ジョコビッチファンの人には申し訳... 
平成令和GWのひとコマ
平成令和GWのひとコマ   昨今の流行にもれず、我々も本栖湖畔... 
今月の勉強会は...スペシャル
今月の勉強会は...スペシャル   今月の勉強会は甲府市の美容院Bijoux...