院長の「こころのさけび」

整合性がとれるという楽しさ

'18年07月02日

映画

 

一本の映画に素敵な女性が一人いると、作品がぐっと締まります。
映画「ハンソロ」のヒロイン、”キーラ”役のエミリアクラークはその代表格ではないでしょうか?

ぼくはスターウォーズフリークではないですので、マニアックな設定まではわかりませんが
エピソードⅣにつながるよう、スッキリと整合性のとれた脚本で
エンドロールの時に拍手してしまいました。

残念なことに館内で拍手していたのは僕一人でしたが...涙。
オススメです。

Blog Categories

Latest Posts

ボブ・マーリーについて
ボブ・マーリーについて   言わずと知れたレゲエの神様、ボブ・マ... 
FIAT500チンクエチェント
FIAT500チンクエチェント   昨日から、相棒が変わりました。10年落... 
黒田昌彦先生の最終講演会
黒田昌彦先生の最終講演会 黒田昌彦先生の最終講義では、40年症例が出... 
水曜日のカンパネラ推し!
水曜日のカンパネラ推し! ラジオで「水曜日のカンパネラ」 の新曲なの... 
Coda コーダあいのうた
Coda コーダあいのうた   前から観たいと思っていた『コーダあい... 
サバレンカ
サバレンカ   テニスの試合中、弱気になりそうな自分... 
「ようこそ。Mの世界へ」
「ようこそ。Mの世界へ」 我が家にMがやってきました。 2020年式M2コン... 
ほんとうに「好き」「楽しい」
ほんとうに「好き」「楽しい」   私が初めて「バックギャモン」というボ... 
911が来るまではM2コンペ?
911が来るまではM2コンペ? 一応の成り行きは、911が納車されるまでロド君... 
松本小旅行
松本小旅行   コロナによるホテル隔離からそのまま夏...