院長の「こころのさけび」

ボリスの頃とティームの今。

'18年06月09日

テニス

 
あれは1985年の事でした。33年前の昭和60年。まだ昭和はずっと続くと思っていた頃です。
その年のウィンブルドン。
当時わたしは13歳。だから17歳でしかもノーシードで決勝まで行ったボリス・ベッカーを応援しない理由はありません。
17歳という「若さ」もよく理解していませんでした。
決勝まで勝ち上がったベテラン、ケビン・カレンにあっさり勝ってしまいました。
ノーシードで史上最年少優勝。

ケビン・カレンはマッケンロー、ジミーコナーズを破っての決勝だったのです。
カレンに勝たせたかったという大人たちの感想には共感できませんでした。

ベッカーみたいな超高速サーブを打ちたいと思ったし
ダイビングボレーがかっこよかった。

でも2018年、今イチバンカッコイイのは
ダントツでティーム。

彼のテニスが現代のトレンドなのです。




Blog Categories

Latest Posts

分譲地が出来てきました。
分譲地が出来てきました。   クリニックの南側はズドーンと大きな... 
厚労省が方針を固める
厚労省が方針を固める   今の国策はPCR検査をどんどんやってい... 
ジワジワ忍び寄る新型コロナの影響
ジワジワ忍び寄る新型コロナの影響 スタッフ・患者さんとも手が触れるような所... 
アップルの到達点
アップルの到達点 アップルコンピュータには、散々苦しめられ... 
2020カッコイイ大人って?
2020カッコイイ大人って? 2019年も、まもなく終わります。 いよいよ4... 
2019年の忘年会を無事に終える
2019年の忘年会を無事に終える   先日、令和元年の忘年会を行いました... 
他不是吾
他不是吾   日本歯周療法集談会JCPGという集まりは... 
スーパーアスリート!
スーパーアスリート!   僕がボクシングをしていた頃、ボクシン... 
顔がええがな。
顔がええがな。   楽天オープンでは、ぜひとも錦織選手に... 
カートはどうなんだろう?
カートはどうなんだろう?   山梨県内にはカート用のサーキット場...