院長の「こころのさけび」

ボリスの頃とティームの今。

'18年06月09日

テニス

 
あれは1985年の事でした。33年前の昭和60年。まだ昭和はずっと続くと思っていた頃です。
その年のウィンブルドン。
当時わたしは13歳。だから17歳でしかもノーシードで決勝まで行ったボリス・ベッカーを応援しない理由はありません。
17歳という「若さ」もよく理解していませんでした。
決勝まで勝ち上がったベテラン、ケビン・カレンにあっさり勝ってしまいました。
ノーシードで史上最年少優勝。

ケビン・カレンはマッケンロー、ジミーコナーズを破っての決勝だったのです。
カレンに勝たせたかったという大人たちの感想には共感できませんでした。

ベッカーみたいな超高速サーブを打ちたいと思ったし
ダイビングボレーがかっこよかった。

でも2018年、今イチバンカッコイイのは
ダントツでティーム。

彼のテニスが現代のトレンドなのです。




Blog Categories

Latest Posts

いま一番かっこいい
いま一番かっこいい  クロアチア。旧ユーゴ。 「○○びっち」... 
手で考える
手で考える   臨床歯科を語る会が終わって1週間が経ち... 
整合性がとれるという楽しさ
整合性がとれるという楽しさ   一本の映画に素敵な女性が一人いると... 
重なるときは重なるが
重なるときは重なるが  来週末は土曜日が七夕ですね。 ... 
ワールドカップロシア開幕
ワールドカップロシア開幕   とくにサッカーファンでもないので、ブ... 
ボリスの頃とティームの今。
ボリスの頃とティームの今。   あれは1985年の事でした。33年前の昭和6... 
錦織が負けた、その次が注目。
錦織が負けた、その次が注目。   錦織にも勝機がなかった訳ではなかっ... 
天晴れリカルド!!
天晴れリカルド!!   ここ数年のモナコ、いやF1レースの中... 
もぐら塾その②も
もぐら塾その②も   歯科大学を卒業して1年目のとき、2年... 
がっかりの内容...
がっかりの内容...  別に期待して観た訳ではないですが、某ス...