院長の「こころのさけび」

ボリスの頃とティームの今。

'18年06月09日

テニス

 
あれは1985年の事でした。33年前の昭和60年。まだ昭和はずっと続くと思っていた頃です。
その年のウィンブルドン。
当時わたしは13歳。だから17歳でしかもノーシードで決勝まで行ったボリス・ベッカーを応援しない理由はありません。
17歳という「若さ」もよく理解していませんでした。
決勝まで勝ち上がったベテラン、ケビン・カレンにあっさり勝ってしまいました。
ノーシードで史上最年少優勝。

ケビン・カレンはマッケンロー、ジミーコナーズを破っての決勝だったのです。
カレンに勝たせたかったという大人たちの感想には共感できませんでした。

ベッカーみたいな超高速サーブを打ちたいと思ったし
ダイビングボレーがかっこよかった。

でも2018年、今イチバンカッコイイのは
ダントツでティーム。

彼のテニスが現代のトレンドなのです。




Blog Categories

Latest Posts

ガウフってだれ?
ガウフってだれ?   ヴィーナスウィリアムズを1回戦でたお... 
色々とアップデートされた映画を観た
色々とアップデートされた映画を観た   今までのスパイダーマンにイマイチ入り... 
臨床歯周病学会in札幌
臨床歯周病学会in札幌   当院の歯科衛生士4名とわたしで、札幌... 
桶狭間ではない。
桶狭間ではない。   この大会、このコートで ラファと戦う... 
今年のベスト8(全仏)
今年のベスト8(全仏)   もちろん錦織には勝ってほしかった...。... 
今夜のフレンチは、錦織戦の後がお楽しみ。
今夜のフレンチは、錦織戦の後がお楽しみ。   モナコも終わって、仕事から帰ってく... 
観てしまう。モナコGP
観てしまう。モナコGP   モナコグランプリは特別。とはF1を見始... 
ジョコビッチ考
ジョコビッチ考 ノバク・ジョコビッチファンの人には申し訳... 
平成令和GWのひとコマ
平成令和GWのひとコマ   昨今の流行にもれず、我々も本栖湖畔... 
今月の勉強会は...スペシャル
今月の勉強会は...スペシャル   今月の勉強会は甲府市の美容院Bijoux...