院長の「こころのさけび」

もぐら塾その②も

 

歯科大学を卒業して1年目のとき、2年目の先生が上手に思えた。
3年目の先生ともなるとなかなかで
10年選手は雲の上。対等にお話しも出来ませんでした。

当時、尊敬していた10年上の医局の先輩が「お前がこのまま10年勉強し続けたら俺は抜けるで。」
と言ってくれたのを懐かしく思います。ノリが関西っぽいなー...。そして若い。
その先輩も急逝されて、残された者は矛先をうしなう。
その時は10年先なんて想像もつきませんでした。実際、想像していなかった遠回りや寄り道もしてしまった。

まがりなりにもこの春で22年目。(汗)
ああ、俺もベテランになったかーとは微塵も感じません。
ああ、俺なんてまだまだチョロいなーと思わせてくれる先輩が常にいるからです。
40年上の先輩。

日本歯科界のトップランナーに直接ケースプレできて、評価はどうだったかわかりませんが
1症例1症例に、はせた想いがこちらにもあるから
ちょっとやそこらでへこむもんかと思い
また明日から普通に仕事が出来る幸せを
感じるというか、今夜だけは少し反芻してから寝ようと思います。



Blog Categories

Latest Posts

いま一番かっこいい
いま一番かっこいい  クロアチア。旧ユーゴ。 「○○びっち」... 
手で考える
手で考える   臨床歯科を語る会が終わって1週間が経ち... 
整合性がとれるという楽しさ
整合性がとれるという楽しさ   一本の映画に素敵な女性が一人いると... 
重なるときは重なるが
重なるときは重なるが  来週末は土曜日が七夕ですね。 ... 
ワールドカップロシア開幕
ワールドカップロシア開幕   とくにサッカーファンでもないので、ブ... 
ボリスの頃とティームの今。
ボリスの頃とティームの今。   あれは1985年の事でした。33年前の昭和6... 
錦織が負けた、その次が注目。
錦織が負けた、その次が注目。   錦織にも勝機がなかった訳ではなかっ... 
天晴れリカルド!!
天晴れリカルド!!   ここ数年のモナコ、いやF1レースの中... 
もぐら塾その②も
もぐら塾その②も   歯科大学を卒業して1年目のとき、2年... 
がっかりの内容...
がっかりの内容...  別に期待して観た訳ではないですが、某ス...