院長の「こころのさけび」

もぐら塾2018その1

 

歯科界のレジェンドを前にして、萎縮しているわけではありません。
ちょうど、ネコが獲物に飛びつこうとする前の瞬間
身をかがめて姿勢を低くしますよね。あれをやっているのです。

金子先生は獲物ではございませんが、ネコは飛びつく前のあの瞬間
非常に目の前のものに集中して凝視します。あれです。

朝から懇親会終了まで、フルに集中力を使いました。
金子一芳先生始め、事務局の先生方ありがとうございました。

どんなに好きなことでも、長時間だと疲れるしその前に飽きるけど
飽くことのない、濃密な時間をレジェンドとともに。話題は尽きません。

自分にとっても、クリニックに来る患者さんにも
大きな財産となる、もぐら塾2018その①でした。

そしてその②は5月。

Blog Categories

Latest Posts

いま一番かっこいい
いま一番かっこいい  クロアチア。旧ユーゴ。 「○○びっち」... 
手で考える
手で考える   臨床歯科を語る会が終わって1週間が経ち... 
整合性がとれるという楽しさ
整合性がとれるという楽しさ   一本の映画に素敵な女性が一人いると... 
重なるときは重なるが
重なるときは重なるが  来週末は土曜日が七夕ですね。 ... 
ワールドカップロシア開幕
ワールドカップロシア開幕   とくにサッカーファンでもないので、ブ... 
ボリスの頃とティームの今。
ボリスの頃とティームの今。   あれは1985年の事でした。33年前の昭和6... 
錦織が負けた、その次が注目。
錦織が負けた、その次が注目。   錦織にも勝機がなかった訳ではなかっ... 
天晴れリカルド!!
天晴れリカルド!!   ここ数年のモナコ、いやF1レースの中... 
もぐら塾その②も
もぐら塾その②も   歯科大学を卒業して1年目のとき、2年... 
がっかりの内容...
がっかりの内容...  別に期待して観た訳ではないですが、某ス...