院長の「こころのさけび」

救歯塾のケープレが終わりました

 

ここ数年は、ちょうどこの季節に救歯塾でプレゼンテーションをさせて頂くという機会を得ています。
人前でケースプレをしたことがないという若手の先生もいらして、とても緊張されていましたが
すごく良い経験になったと思います。

わたしはかなり後半の、ベテラン勢に混ざっての発表でした。
持ち時間にしっかり合わせた原稿をつくっていったのですが、いざ発表が始まると原稿を読み上げるのが嫌になり
聞いて下さっている先生方に直接訴えるよう、原稿を見ないで終始お話ししました。
その方がこちらの熱意とか、想いが伝わったのではないかと思います。

山梨の自宅に帰ってくると、やはり自分も緊張していたようで
普段とは違う、どっと疲れる感じを味わいました。

大勢の歯科医師を前にしてプレゼンテーションすることは、日々の臨床のクオリティーを確認することにもなり
私にとっては非常に大切な時間でした。

Blog Categories

Latest Posts

厚労省が方針を固める
厚労省が方針を固める   今の国策はPCR検査をどんどんやってい... 
ジワジワ忍び寄る新型コロナの影響
ジワジワ忍び寄る新型コロナの影響 スタッフ・患者さんとも手が触れるような所... 
アップルの到達点
アップルの到達点 アップルコンピュータには、散々苦しめられ... 
2020カッコイイ大人って?
2020カッコイイ大人って? 2019年も、まもなく終わります。 いよいよ4... 
2019年の忘年会を無事に終える
2019年の忘年会を無事に終える   先日、令和元年の忘年会を行いました... 
他不是吾
他不是吾   日本歯周療法集談会JCPGという集まりは... 
スーパーアスリート!
スーパーアスリート!   僕がボクシングをしていた頃、ボクシン... 
顔がええがな。
顔がええがな。   楽天オープンでは、ぜひとも錦織選手に... 
カートはどうなんだろう?
カートはどうなんだろう?   山梨県内にはカート用のサーキット場... 
ガウフってだれ?
ガウフってだれ?   ヴィーナスウィリアムズを1回戦でたお...