院長の「こころのさけび」

救歯塾のケープレが終わりました

 

ここ数年は、ちょうどこの季節に救歯塾でプレゼンテーションをさせて頂くという機会を得ています。
人前でケースプレをしたことがないという若手の先生もいらして、とても緊張されていましたが
すごく良い経験になったと思います。

わたしはかなり後半の、ベテラン勢に混ざっての発表でした。
持ち時間にしっかり合わせた原稿をつくっていったのですが、いざ発表が始まると原稿を読み上げるのが嫌になり
聞いて下さっている先生方に直接訴えるよう、原稿を見ないで終始お話ししました。
その方がこちらの熱意とか、想いが伝わったのではないかと思います。

山梨の自宅に帰ってくると、やはり自分も緊張していたようで
普段とは違う、どっと疲れる感じを味わいました。

大勢の歯科医師を前にしてプレゼンテーションすることは、日々の臨床のクオリティーを確認することにもなり
私にとっては非常に大切な時間でした。

Blog Categories

Latest Posts

文句なしの結果。
文句なしの結果。   敗者復活から見せて頂いて、 審査員... 
サーシャが輝く瞬間
サーシャが輝く瞬間   21歳のドイツ人。
救歯塾のケープレが終わりました
救歯塾のケープレが終わりました   ここ数年は、ちょうどこの季節に救歯... 
平成史を考えるとき。
平成史を考えるとき。   NHKスペシャルの「平成史」。 平成は高... 
乗り換えましたCS→ダゾーン
乗り換えましたCS→ダゾーン   WTAファイナルでのなおみちゃんをライブ... 
秋晴れの小瀬で、勝ったり負けたり。
秋晴れの小瀬で、勝ったり負けたり。 先日、小瀬スポーツ公園にてテニスの試合に... 
なおみがやってくれる
なおみがやってくれる 正直、なおみがここまでとは思っていなかっ... 
いま一番かっこいい
いま一番かっこいい  クロアチア。旧ユーゴ。 「○○びっち」... 
手で考える
手で考える   臨床歯科を語る会が終わって1週間が経ち... 
整合性がとれるという楽しさ
整合性がとれるという楽しさ   一本の映画に素敵な女性が一人いると...